CONCEPT
ものづくりへの想い

PROFILE

江口和明 KAZUAKI EGUCHI
シェフショコラティエ / パティシエ
東京生まれ。父は和食の料理人、母は栄養士という環境下で食の感性が磨かれた。
ショコラティエとして修業してきた経験・技術を生かし、日々ショコラスイーツの創作に励む。
徹底的に素材にこだわりながら、精緻な技巧を駆使して創り上げるその絶品の数々は、どれも斬新的な美しさを見せる。
<経歴>
製菓専門学校を卒業後、「渋谷フランセ」に入社。
その後、東京、神戸の高級チョコレート専門店にて研鑽を積む。ベルギー本店で研修後、日本に初上陸した「デルレイ」のシェフに就任。
六本木ミッドタウン「NOKA」、「ベルベリー」また「モトヤマミルクバー」「シルビウスブラボー」などの他業種の商品開発を経験。
26歳の時に最高のサーヴィスと経営を学ぶべく株式会社グローバルダイニングへ。 「デカダンスドュショコラ」等、販売から製造を一手に統括。
2013年 「Pâtisserie&Café DEL'IMMO」を赤坂にOPEN。
2015年 インドネシア ジャカルタに「Pâtisserie&Café DEL'IMMO TOKYO」をOPEN。
2016年 M&Aにて傘下に加わった株式会社スイーツデザインラボの商品を監修。「ブルックリンレモン」など新しいシーズナルコンセプトを開始。
2016年 11月に国内2号店目となる「Pâtisserie&CHOCOLAT BAR DEL'IMMO」をOPEN。
現在に至る。
Kazuaki Eguchi


素材選び、こだわり。

お菓子を作る上で作り手の技術と同様に素材の品質はとても重要です。
ですから私たちは素材の一番おいしい調理法や季節を知ってその都度使い分けています。特にチョコレートは海外の高級クーヴェルチュールを使用。また、チョコレートの相棒として欠かせない、ピスタチオはイタリアのアグリモンタナ社、ナッツはピエモンテやスペインのマルコナ産、生クリームは植物油脂の入っていないものなど、最高の素材のみを厳選しています。

material


私のチョコレートとの関係性、
チョコレートへのこだわり

私はケーキ作り以外にもウェディングケーキやアイスクリーム、レストランでの修行経験もあります。
そんな中でパティシエとしてもチョコレート素材を使用することが多くなり、すぐに興味を持ち始めました。実はビターチョコレートひとつとっても、それぞれが特徴のあるビターチョコレートが数多く存在し、メインの素材としてもわき役としても様々な顔を持っていることがわかりました。そんなチョコレートに夢中になってショコラトリーで働き始めました

世の中にはチョコレートと呼ばれているだけで私の考えるチョコレートとは考えられない商品がたくさん出回っています。 そのような中で私たちは、今では25種類ものチョコレート素材を自由に使い分け、中にはブレンドして使用しているものもあります。

チョコレートは“個性”そのものです。チョコレートとチョコレート、チョコレートと他の素材の組み合わせを日々探し求め、商品としてお客様に届けられるよう常に研究や試作を繰り返しています。様々なデリーモの商品でチョコレートをもっと身近に感じて頂きたいです。

chocolat


デリーモを通して伝えたいショコラへの想い

ショコラティエとして働く中で、世界中のチョコレート素材を知り、またそのお蔭でチョコレートと相性の良い様々な素材とも出会ってきました。3cm角ほどのボンボンショコラでは表現しきれないチョコレートの魅力をプティガトーやパンケーキ、パフェなどの様々な商品で是非お気軽に楽しんでいただけたらと思います。

Black Dandy